車同士の衝突などによって、車に傷が生じた場合、修理代を支払ったり、また自分の車の修理代を相手に請求しなければなりません。その前に過失割合を決定することが必要になります。自分の過失の割合がはっきりしないとお互いの支払う金額が決定しません。また過失割合によって被害者になった時の慰謝料などが大きく変わってきます。物損に関する過失割合などについて、交通事故に精通した弁護士であれば正確な判断をしてくれますし、訴訟に移行した場合、被害者の代理人となってくれることでしょう。

物損での相談で最も大きな問題は過失割合ですが、被害者が後遺障害認定されるようなケースになると賠償額が高額になることが予想され、過失割合によって計算なども異なってきます。そのため保険会社間で決定した過失割合に納得できない場合は弁護士にまず相談をし、その後ケースによっては訴訟を起こす方がメリットがある場合もあります。特に骨折など、大きなけがをする交通事故の場合、弁護士に相談をした方がいいものです。

単に物損だけの交通事故であって被害者にとってはどのように対応していいかわからないものです。また場合によっては弁護士に依頼したほうが結果としてよかったケースも見られます。物損事故で何か困ったことがあったら弁護士に相談することは全く躊躇する必要のないことです。

Scroll To Top