弁護士と人身の相談

交通事故で人身扱いした場合、通院や入院をすることになりますが、その後に症状固定になって後遺障害認定を受ける場合もあります。人身扱いでは多くは賠償金でもめることが多いものですが、その際に安心して相談できる相手として最も信頼あるのは弁護士です。特にこれまで交通事故案件を多く受けてきた知識のある弁護士なら安心して力になってくれることでしょう。

人身事故で軽い場合、通院をして最終的に治癒で終了しますが、このケースであっても場合によっては弁護士に相談をしたり依頼をする必要が出てくるものです。例えば過失割合をはっきりさせたい、また慰謝料などの算定がよくわからない場合に依頼をすることで満足する結果が得られることが多いものです。弁護士に依頼をする際には必ず法廷に移行するものではなく、弁護士と相手保険会社と話し合いで終了するケースも多いものです。特に治癒で終了する人身事故の場合には、相手保険会社と話し合って最終的な金額を出すことが多いと言えます。もしも弁護士が関与しなければ相手保険会社のいいなりになって後悔してしまうことも考えられます。

重い事案の場合、後遺障害認定されるケースがあります。後遺障害の重さにもよりますが、より重症の場合、上位の障害に認定されると高額の賠償金が予想されます。このようなケースの場合、多くは訴訟を起こすことが多いと言えます。弁護士費用を支払ってもそれでも依頼しないよりもはるかに高額の賠償金を得ることができるので、きっと満足する結果を得ることができます。

外部リンク……交通事故被害者救済サイト
交通事故の解決について弁護士へ相談ができる法律事務所のサイトです。